TOP

風俗嬢の小麦色の肌が意外とセクシーで興奮したときの風俗体験談です。

ママに惚れたスナック体験。

大人の雰囲気がかもし出ているスナック。仕事帰りの汗が染み込んだシャツを着た僕は、ちびちび飲んでました。ママは時々僕の様子をうかがいながら、たまに話しかけてくる。「仕事は何をしているの?」「営業だよ、毎日毎日商品を販売して歩くんだ」と会話ものんびりと進む。良い雰囲気の音楽もかかっていて、他の客も盛りあがっている中、僕はしっとりと飲ませてもらいました。たまに気にかけてくれるママを見ていると、なぜか心臓がドキドキする。恋なんてもうしないって諦めていたけれど、若いママに惚れてしまったのです。僕はなぜ彼女を好きになったのか、それはわかりません。そんなに話したということでもなく、何か優しくされたということでもありません。とにかく惹かれてしまったんですよね。それからというもの、僕はたまに店に通っています。ネオン瞬く店、そこで僕は毎日の疲れを取っています。みなさんも疲れたら、ちょっと寄ってみるのはいかがでしょうか。きっと癒されますよ。



プロは凄いですね

最近自分の周りが年末に向けてのせいなのかかなり忙しくなっている気がします。休日もなにかとイベントが目白押しなのでパートナーがいない自分にとってはとてもつまらないものとなっています。そこで最近は風俗に素直に通う事にしているのですが、都内某所にあるピンサロでついに出会ってしまいました。彼女の名前はKちゃんで見た目はキツメの黒いギャルです。正直AVでしかこういう人は見たことがなく、自分と接点はまずないようなタイプだったのですが、実際に話をしてみると普通の女の子と変わらなかったので驚いています。彼女はやってくるとすぐに抱き着いてくれ、そのまま自分の首に手をかけていやらしくディープキスをしてくれました。兎に角最初のそれで自分の息子のボルテージは一気にマックスになりました。このまま彼女に任せて色々と攻めてもらいましたが、全てが超一級のプレイであっという間にいかされてしまいました。やはりプロって凄いなぁと思った瞬間でしたね。